堺市民合唱祭

梅雨が明けました。 途端に30℃超えの暑さ到来。

先が思いやられますね・・・(>_<)

7月21日 日曜日 第52回堺市民合唱祭が ソフィア堺ホールで開催されました。

ジュエル・コールは交歓会に引き続き 宮沢賢治に挑戦しました。

宮沢賢治は37歳という若さでこの世を去ったのですが たくさんの作品をこの世に残し後世の私達に切実に色々なことを伝えています。

今回歌った「告別 (2)」は 生きる厳しさ、美しさを詠った私達へのメッセージ。

才能、葛藤、孤独、生きることの厳しさと美しさ。

才能があっても生活によってそういうものを失うかもしれない。でも、誰かを愛するようになったとき 無数の影と光を音にするのだ。

楽器がなかったら空いっぱいの光で出来たパイプオルガンを弾くがいい・・・・

う~~~ん・・・・・難しい(=_=)

練習では先生が何度もこの詩の意味、奥深さを話して下さいました。

個々がそれぞれに考え 理解した上で (たぶん・・・?) 舞台に立ちました。

本番は 皆様に宮沢賢治の思い、